誤出荷解決.com | デジタルピッキングシステムが、ピッキング作業を強力にサポート!

物流・倉庫・3PL 業のための

誤出荷解決.com
  • HOME
  • 誤出荷解決事例
  • デジタルピッキングシステムが、ピッキング作業を強力にサポート!

誤出荷解決事例

デジタルピッキングシステムが、ピッキング作業を強力にサポート!

某社 コンビニエンス業
食品、生活雑貨 デジタルピッキングシステム(固定表示器を使用)

誤出荷解決前

ピッキングミスが多く、そのため誤出荷も頻発していました。
当時は、出荷予定に基づいてピッキングリストを印刷し、そのピッキングリストと商品を照らし合わせながらピッキングしていました。
ただ目視での確認なので、どうしても人為的なミスが発生し、それが原因で誤出荷になることもありました。

作業者の経験値により作業精度や作業時間がバラバラだったのも悩みの一つでした。
熟練者であれば、商品知識もあるし、どこに何があるのかすぐにわかるので、ミスも少なく短時間で作業を行うことができます。
これが初心者になると、商品知識も乏しいし、保管場所についてもまだ覚えきれていないので、ミスが多発し、作業時間も熟練者に比べて何倍もかかってしまいます。
もちろん教育により徐々にレベルを上げていくことはできますが、繁忙期に臨時で雇った場合などはそんなことも言っていられません。

ピッキングは毎日発生する作業なので、従来のままでは効率も悪く作業時間が増えるばかりでした。
またこのままだと誤出荷で信用を損ねてしまう恐れもありました。
会社の信用問題になってしまうので、一刻も早くピッキング作業を改善する必要があり、システムの導入を検討しました。

誤出荷解決後

ミスを発生させない仕組み。それがデジタルピッキングシステム!

「ピッキングミスの防止」「作業の標準化」を実現するために弊社が導入したのが、「デジタルピッキングシステム」です。

デジタルピッキングシステム導入後の変化は?

経験値に左右されないで、誰でも、簡単、正確にピッキングできるようになりました。
商品知識や、保管場所を正確に覚える必要もなくなりました。
ピッキング作業の標準化を実現したわけです。
そして、標準化により全体の作業精度が上がったので、誤出荷を防止できるようになりました。

システム導入前は個々人の能力に頼りすぎていたと思います。
また、能力にも限界というものがあります。
作業者の能力向上だけに目を向けていると、いつまでたっても改善することはできません。
抜本的に改善するには、作業者だけでなく、現場全体の仕組みに目を向ける必要があります。
当社は今回のシステム化で現場の仕組みを大きく変えたことが、成功したポイントだと思います。

デジタルピッキングシステムの運用は?

運用はとても簡単です。
商品が保管されている棚の各間口にデジタル表示器を設置します。
作業者は、デジタル表示器のランプが光ったところから商品をピッキングするだけです。
わかりやすく、間違えにくい。初心者でもすぐ覚えられる運用です。

新しいシステムを導入すると、作業フローが変わるので、従来の作業に慣れた人たちにとっては作業しずらくなる恐れがありました。
しかし、デジタルピッキングシステムの仕組みはとてもシンプルだったので、誰もがストレスなく新しい作業フローに移行することができました。

もし高機能なシステムを導入して、運用が複雑になってしまい、それが原因で現場が混乱してしまったら意味がありません。
その点、デジタルピッキングシステムは、「誰でも使いやすい」システムだったので安心して導入することができました。

今後の課題・目標は?

システム導入後は、以前と比べてとても効率よく作業ができるようになりました。
またそれにともない、いろいろと自社の環境を見直すこともできました。
今回のシステム導入を手本として、今後も業務改善に取り組んでいきたいと思います。

関連製品はこちら

ページトップヘ
掲載内容・誤出荷についての「疑問・質問」何でもOK! まずはお気軽にお問合せください。 資料請求もこちらからどうぞ。
お問合せ・資料請求はこちら
Webからのお問合せ・資料請求
お問合せ 製品・サービスなどの資料請求
お電話でのお問合せ・資料請求 フリーダイヤル0120-560085 (受付時間 9:00~17:00) 株式会社アトムエンジニアリング「誤出荷解決.com」担当まで。

Copyright © ATOM ENGINEERING CO.,LTD.